フィンペシアでAGA治療だ!

効果発現はプロペシア同様に最低でも3ヶ月~6ヶ月はかかりますので、根気が必要です。半年位で服用を止めてしまわないようにしましょう。

エフペシアはフィナステリド系の治療薬

「エフペシア」は、インド第2位の製薬メーカーCipla社が販売する脱毛を促進させてしまう男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)を作り出す働きを抑える効果があるフィナステリドという有効成分が含まれているAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

同じフィナステリド系の多くの治療薬には発がん性物質であるキノリンイエローが使われているのですが、「エフペシア」はキノリンイエローが含まれていないので、安全面から「エフペシア」を服用する方が増えています。
まれに副作用として男性機能の低下を感じる方もいるようですが、服用を中止すれば回復するため、大きな副作用がないことも安心できる点です。

でも、薬なので人によって効果の現れ方はさまざまであり、1年飲んでも効果がないという方もいることでしょう。
育毛剤には色々な種類があり、それぞれ主成分や主作用が違います。
そのため、育毛剤を組み合わせることでお互いの作用を補って、より高い育毛効果が得られることがあります。
もし「エフペシア」のみで効果がなかなか出ない場合は、ミノキシジルタブレットを併用するのもひとつの方法です。

ミノキシジルは本来、高血圧の薬として開発されました。
この薬の服用患者の全身の体毛が濃くなり、多毛症が見られたことから育毛剤として使われるようになりました。
飲み始めてから数週間後に額に産毛が生えてきた人もおり、高い効果が期待できる薬です。

ただし、育毛剤として服用するミノキシジルタブレットは高血圧の薬として使用する場合よりも含有量は少ないですが、血圧を下げる作用がありますので、低血圧の方は服用しないほうが良いでしょう。
また、低血圧の症状や動悸、めまい、倦怠感などが現れる場合もありますので、服用量をしっかり守り、自分に合う薬かどうか、体調をみながら服用することをおすすめします。

エスペシアもミノキシジルは、日本では厚生労働省の許可を受けていない為、個人輸入代行業者などを通じて購入する事になります。