フィンペシアでAGA治療だ!

効果発現はプロペシア同様に最低でも3ヶ月~6ヶ月はかかりますので、根気が必要です。半年位で服用を止めてしまわないようにしましょう。

代表的な薄毛治療薬を探す

現代では、ある種の薬を使って薄毛治療を行うことができるようになりました。
例えば、プロペシアはとても有名なAGA治療薬ですし、その後発医薬品であるところのフィンペシアもその効果がよく知られています。
こうした薬を使った薄毛治療は、患者にとってはただ飲むだけでいいので、とても手軽で簡単というメリットがあります。
しかしその一方で、代償となるデメリットについても見ておかなければなりません。
例えば、それぞれの薬の服用で起きる可能性がある副作用です。
薄毛治療に用いられる薬には男性ホルモンを抑制する効果が働きますが、それは裏を返せば、男性機能を低下させる可能性があることを示しています。

プロペシアやフィンペシアはまさにそれに該当する薬であり、どちらも男性ホルモンを抑制する作用があります。
せっかく抜け毛が減っても、男性機能が著しく低下するようなことがあれば元も子もありませんから、このことは注意しておく必要があります。
男性機能の低下というのは具体的には、勃起不全、精子への悪影響、EDなどですが、いずれもそれが起きると男性にとっては深刻な問題を抱えることになります。
またフィンペシアについては、発がん性が疑われている成分が入ってることもあり、こうした成分の影響についても服用前にチェックしておくべきです。
このようなわけで、薬を使った薄毛治療は必ずしも安全とはいえません。
薬から受ける悪影響や副作用の危険を避けたいと思う人は、くすり以外の薄毛治療の方法を模索するべきでしょう。
例えば、食生活を改善することや、定期的な運動、サプリメント、頭皮マッサージなど、くすり以外でも薄毛治療に有効とされる方法は考えられています。